米国とうもろこしの長期予測 | 日本農業再生 ソーシャルメディアアグリビジネス  -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ |

米国とうもろこしの長期予測

農水省のロゴ

海外食料需給インフォメーション
(Global Food Supply & Demand Information)
-農林水産省政策課食料安全保障室ー

 

 

 

 

 

 

米国とうもろこしの長期予測
Long-term projections for U.S. corn.

 

 

 

 

 

 

米国とうもろこしの長期予測.

 

 

 

 

2月15日、米国農務省(USDA)は、米国農業について2027年まで予測した「米国長期予測」を公表しました。

この報告書によれば、米国産とうもろこしへの需要は、食肉生産の拡大による飼料用とうもろこしの需要増から、向こう10年間、国内/海外ともに増加し続けると見込まれます。

とうもろこしの価格低迷や収益性の低下、また、大量在庫、国際的な大豆/ソルガム需要増という点から、とうもろこしの播種面積は減少しますが、単収の改善により需要増に対応できると見られています。

 
◎需給に関する情報は、農林水産省ホームページ「食料需給インフォメーション」

 

 

+++++

USDA released ‘Long-term projections’ on 15th February, which provides projections for the U.S. agricultural sector to 2027.

According to the report, demand for U.S. corn is projected to continue to grow over the next decade both domestically and internationally as expanding meat production increases feed usage.

Despite planted area dropping as real prices and relative net returns fall, in part due to large stocks and rising global demand for soybeans and sorghum, increasing yields support the growing demand.

#UScorn #米国とうもろこし #longtemprojections #長期予測

Leave a Response