冬小麦の初期生育が進展中(北半球) | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |カテゴリ一覧 |メルマガ登録 |

冬小麦の初期生育が進展中(北半球)

農水省のロゴ

海外食料需給インフォメーション
(Global Food Supply & Demand Information)
-農林水産省政策課食料安全保障室ー

 

 

 

 

 

 

 

冬小麦の初期生育が進展中(北半球)
Early growth stages of winter wheat progressing in the northern hemisphere.

 

 

 

 

 

冬小麦の初期生育が進展中(北半球)1

 

冬小麦の初期生育が進展中(北半球)1-2

 

冬小麦の初期生育が進展中(北半球)1-3

 

 

本日の写真は、今秋播種されたカナダ、ウクライナ、ロシアの2018/19年度の冬小麦の様子です。

現在栽培中の冬小麦は、来年夏に収穫される予定です。

国際穀物理事会(IGC)の報告によれば、 2018/19年度の世界全体の小麦の収穫面積は、前年度を0.3%下回る2億1,940万ヘクタールとなる見込みです。

 

◎需給に関する情報は、農林水産省ホームページ「食料需給インフォメーション」

Leave a Response