すくすく育つフランスの冬小麦 | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |カテゴリ一覧 |

すくすく育つフランスの冬小麦

海外食料需給インフォメーション

 -農林水産省政策課食料安全保障室ー

 

 

 

 

すくすく育つフランスの冬小麦

Winter wheat is growing in a good condition in France.

 

 

 

フランスの冬小麦

 

 

 

フランスの冬小麦は、例年10~11月頃には種され、翌年7~8月頃に収穫されます。

同国南西部、大西洋に面したシャラント=マリティーム地方では、10月半ばには種した冬小麦が10月下旬に発芽し(写真左上)、11月半ばには既に葉が2~3枚まで生長しました(写真右上)。例年より早く生長しており、この季節にここまで生長するのは稀だそうです。

11月半ばになっても未だに気温が20~25℃と暖かいことから小麦の生育にはとても良い状態とのこと。は種から2-3週間経ったので、殺虫剤の散布も行われています(写真下)。

◎需給に関する情報は、農林水産省ホームページ「食料需給インフォメーション」へ
http://www.maff.go.jp/j/zyukyu/jki/index.html

 

 

 

Leave a Response