手が長いから | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ |

手が長いから

MAFF

 

 

 

 

 

 

 

 

台風24号による大雨、暴風等に十分ご注意を!

 

 

 

 

 

手が長いから

 

 

 

 

N-18-9-29-1754

 

 

一般的に川エビと呼ばれるテナガエビ。

オスは成長に伴い手が長くなることからその名が付いたそうです。

国内第2位の面積を持つ湖「霞ヶ浦北浦」では、漁獲量の全国シェア6割超。

漁は春から晩秋まで行われますが、その多くは、夏に生まれたテナガエビを、9月中旬から10月下旬にかけ、主に底びき網漁で獲る「秋漁」ものです。

地元では秋漁の初物として獲れる特に小さなものを「ザザエビ」と呼んでいます。

殻ごと食べることができ、油で加熱調理することで香りが際立つテナガエビは天ぷらやから揚げでおなじみ。

また、最近ではピザやパスタにも利用されるなど、調理法によって様々な食感や風味を楽しめるのも魅力です。

ちなみに、担当のおすすめは、シンプルに素揚げして、軽く塩・コショウをふったもの。

食べ始めると、これが後を引くおいしさで、手が止まりません。

 

写真提供:茨城県

 

 

 

 

 

 

Leave a Response