中世ドイツの修道女ヒルデガルトの自然療法とは | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |カテゴリ一覧 |

中世ドイツの修道女ヒルデガルトの自然療法とは

 

 

 

 

 

1日1個のりんごが、医者を遠ざける

 

 

船瀬図書館からシェア

 

 

ドイツには「1日1個のりんごが、医者を遠ざける」ということわざがあります。森の中を散歩していると、野生のりんごを見かけます。

それらの実はおいしくて、生命力が満ち溢れています。実は人間も同じ。

大量の薬や消毒に頼らなくても元気に、健やかに生きることができるのです。

中世ドイツの修道女ヒルデガルトの自然療法は、薬草や石など、身の回りにあるものを用いたシンプルな癒しの方法です。

 

詳しくはこちら

 

 

 

 

Leave a Response