埼玉県川島町(かわじままち)の郷土料理 | 日本農業再生 ソーシャルメディアアグリビジネス  -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ |

埼玉県川島町(かわじままち)の郷土料理

MAFF

 

 

 

 

 

 

 

 

 

郷土料理で暑さに打ち勝つ

 

 

 

 

 

 

N-18-8-5-1805

 

 

酷暑が続いていて、体が冷たいものを欲しています。

「すったて」は埼玉県川島町(かわじままち)の郷土料理。

つめた~いうどんを、味噌と胡麻をベースにキュウリや夏の香味野菜等をすり鉢ですり潰した付け汁で食べます。

「すりたて」のものを夏の忙しい農作業の中「つったって」食べたことから「すったて」と呼ばれているとか。

稲の裏作として小麦を生産してきた歴史から、「うどん文化」が発展し、暑い夏に田植え作業や草刈りに汗を流した後に、手間をかけずに栄養補給できる農家の食事として川島町の人々に親しまれてきました。

代々受け継がれてきた郷土料理は、砂糖や黒蜜を加えたり、野菜を多く入れてサラダうどん感覚で食べたり、食材を跡形もなくすり潰すなど食べ方も様々。

川島町にはお店が沢山あるので、訪れた際にはお好みの「すったて」を見つけて涼を取ってみては?

 

 

 

 

Leave a Response