意外なところで活躍するカビ | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |カテゴリ一覧 |

意外なところで活躍するカビ

MAFF

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

意外なところで活躍するカビ

 

 

 

鰹節

 

 

ジメジメした梅雨のこの時期は、カビが発生しやすい季節でもあります。

厄介者のイメージがあるカビですが、実は“優良”なものも存在します。

日本の食文化の基本ともいうべき出汁(だし)。

その食材として欠かせない鰹節も代表例です。

鰹節はカツオの身を煮て、燻し、乾燥させてつくられます。

この状態のものが「荒節」で、その表面を削り整形したものを「裸節」といい、これに特別なカビ付けをしたものが「枯節」となります。

カビをつけない荒節は、焙燻した香りの効いた力強い風味が特徴で、そばやうどんの出汁、みそ汁などに適しています。

一方で、カビをつけて熟成させた枯節は、うま味が凝縮され、より上品でまろやかな風味となり、お吸い物や薄味仕立ての煮物などに向くとされています。

毎月24日はふしの日。市販のパック詰め商品にもカビ付きとそうでないものがあるので、表示などを確認して、料理や用途にあったものを選びたいものですね。

 

提供:(株)にんべん

 

 

 

 

 

Leave a Response