春には苦みを盛れ(その2) | 日本農業再生 ソーシャルメディアアグリビジネス  -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ |

春には苦みを盛れ(その2)

MAFF

 

 

 

 

 

 

 

 

 

春には苦みを盛れ(その2)

 

 

 

 

春には苦みを盛れ(その2)

 

 

 

山菜の王様に続き、今日は春の使者と呼ばれる「ふきのとう」。

やはり日本全国の山に自生していて、こちらは蕗(ふき)のつぼみです。

歴史は古く、縄文時代から食べられていて、平安時代にはすでに栽培が始まっていたとか。

収穫時期は、花が咲く前までなのでほんのわずか。早春に収穫され、季節を感じることのできる日本料理には欠かせない食材です。

独特の苦みと香りが人気のふきのとうは、てんぷらや和え物など、多くの食べ方がありますので、お好みの食べ方で春を感じてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

Leave a Response