春には苦みを盛れ | 日本農業再生 ソーシャルメディアアグリビジネス  -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ |

春には苦みを盛れ

MAFF

 

 

 

 

 

 

 

 

春には苦みを盛れ

 

 

 

春には苦みを盛れ

 

 

 

 

春の訪れを告げる食材で、山菜の王様と呼ばれる「タラの芽」。

タラノキ(地域によってはタランボ、オニノカナボウ)という木の新芽のことで、日本全国の山に自生しています。

ハウス栽培のものは既に出回っているようですが、天然ものが採れるのは今頃から。

トゲありをオダラ(男だら)、トゲなしをメダラ(女だら)と呼びますが、雌雄の区別ではなく品種が違うそうです。

苦みが特徴的なタラの芽は、天ぷらにして食べることが多かった我が家。

今回はソテーとおひたしに挑戦してみました。バターとガーリックでソテーしたものはガツンとした味わいと苦みがお酒のお供に最適で、

薄めに味付けしたおひたしはタラの芽本来の苦みをよく感じられる一品になりました♪

 

 

 

 

Leave a Response