「白くま」のような氷菓で涼をとってはいかが? | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |カテゴリ一覧 |メルマガ登録 |

「白くま」のような氷菓で涼をとってはいかが?

MAFF

 

 

 

 

 

農林水産省 maff 

 

夏の白熊

 

 

白くま

 

先日ご紹介した山形県山辺町の「酢だまり氷」に続き、今回は鹿児島のご当地かき氷「白くま」をご紹介。

「白くま」は、かき氷に練乳をかけ、フルーツなどをトッピングしたもの。

鹿児島では喫茶店の数だけ「白くま」があると言われており、それぞれのお店で上にのせるトッピングの種類や盛り付け方のアレンジがなされているとのこと。

また、鹿児島以外の九州各地でも昔から駄菓子屋などでカップに入ったものが売られており、九州北部出身の担当Gとしてもなじみのある氷菓です。

今では、九州以外の地域のコンビニやスーパーなどでも見ることが多くなりました。

名前の由来は諸説あり、かき氷にかけた練乳を入れていた缶に白熊印のラベルが貼られていたからとも、上から見た際にフルーツなどのトッピングが白熊の顔に見えたことからとも言われています。

暑さが戻ってきたこの時期、「白くま」のような氷菓で涼をとってはいかがでしょうか。

Leave a Response