春に食べたいキラキラ魚 | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |カテゴリ一覧 |

春に食べたいキラキラ魚

農林水産省 maff からシェア

 

春に食べたいキラキラ魚

 

春に食べたいキラキラ魚

 

銀色に輝くスマートな体に、ツンと突き出た下あごと赤みを帯びた口先を持つサヨリは、北海道から九州の沿岸に生息している魚で、室町時代の文献にも登場するなど、古くから人々に親しまれてきました。

身は透き通るように上品で美しく、味は淡泊な白身魚。寿司や刺身のほか、天ぷらや塩焼き、昆布じめ、一夜干しなどにしても大変美味しい魚です。表面が輝くようにキラキラしているので、盛り合わせなどに入ると彩りが加わり華やかになります。

秋から春にかけて獲れる魚ですが、今が一番脂が乗って美味しい時期で、「花見魚」と呼んでいる地域もあるようです。

見てよし、食べてよしのサヨリ、見かけたらぜひ味わってみてください。

提供:石川県漁業協同組合、境港市水産課

Leave a Response