なぜ、ここまで虚偽の説明で法改正しようとしたのか | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |カテゴリ一覧 |メルマガ登録 |

 なぜ、ここまで虚偽の説明で法改正しようとしたのか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なぜここまで虚偽の説明で法改正しようとしたのか

東京大学大学院鈴木宣弘研究室種苗法改正のアンケート

 

 

 

 

 

A-21-3-31-1345

 

 

AA21-3-31-

 

 

 

A21-3-31-

 

 

A-21-3-31

 

 

 

 

 

INYAKU Tomoya 印鑰 智哉@tomo_nadaさんからRT

 

東京大学大学院の鈴木宣弘研究室の種苗法改正のアンケートでも農水省の説明が全然現実と離れている事実が明らかに。

なぜ、ここまで虚偽の説明で法改正しようとしたのか。

これから公共の財産が時間かけて侵食される。

問題をしっかりつかむことで、解決策も見えてくる。

詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

Leave a Response