果実は適地適作でフレーバー重視の意識改革を! | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |カテゴリ一覧 |メルマガ登録 |

 果実は適地適作でフレーバー重視の意識改革を!

 

 

 

 

 

 

 果実は適地適作でフレーバー重視の意識改革を!

 

 

 

 

A-21-2-9-910

 

 

 

 

「新宿高野」はとっくの昔にファッションビルになっていたし、もうくだものが水菓子でなくなった象徴的な事例だ。

市場流通で果実が50%を割り込んだのは平成16年のこと。

だから果実生産者はいつまでも甘さ追及だけではいけない。

甘さ追及ならスイーツには勝てない。

やはり適地適作でフレーバー重視の意識改革が必要だ!

 

 

==「タカノフルーツバー」閉店発表 惜しむ声 “駆け込み”で混雑も==

 

 

 

 

 

Leave a Response