端境期の大粒イチゴ新品種「そよかの」に期待 | 日本農業再生 ソーシャルメディアアグリビジネス  -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ |カテゴリ一覧 |

端境期の大粒イチゴ新品種「そよかの」に期待

 

 

 

 

 

ソーシアルメディアでアグリビジネス

 

 

 

 

 

イチゴは青果市場にとっても最もホットな商材です。

しかし、この晩春から初夏の端境期に安定して収穫できる品種がないのが問題で、一部の業務需要には輸入品で対応されています。
そこで端境期に収穫できる大粒イチゴの新品種「そよかの」が農研機構によって育成されました。なんとか周年供給体制ができますことが期待されます。

興味のある方は農研機構の研究成果を御覧いただきたい。
 
農研機構からシェア
 
 

 

 

(研究成果)

晩春~初夏の端境期に収穫できる大粒イチゴ新品種「そよかの」

 

 

 

 

 

A-19-9-15-1402

 

 

A-19-9-15-1405

 

A-19-9-15-1355

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 

Leave a Response