八列しかないとうもろこし | 日本農業再生 ソーシャルメディアアグリビジネス  -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ |カテゴリ一覧 |

八列しかないとうもろこし

MAFF

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
八列しかないとうもろこし

 

 

 

 

 

N-19-8-23-1703

 

 

 

 

今回は、みなさんが見慣れているとうもろこしよりも細い、北海道の伝統野菜「八列とうもろこし」をご紹介。

八列とうもろこしは、明治の中ごろ、札幌農学校の教師がアメリカから導入した硬粒系の「ロングフェロー」や「札幌八列」という品種からつくられた栽培品種で、実が1周に8列しかないことが特徴。

北海道では、明治から昭和初期にかけて多く栽培されていましたが、収穫後すぐに味が落ちるため流通に適さないなどの理由から、一度姿を消しそうになりました。しかし、魅力を見直そうという流れが起きています。

日本には、気候や風土、地域の食文化に根ざして、古くから栽培されてきた個性的な野菜が数多くあります。

ぜひ、みなさんの周りにある伝統野菜を見つけてみてください。

八列とうもろこしクッキー(クックパッド農林水産省キッチン)

画像提供:札幌保健医療大学

 

 

 

 

 

Leave a Response