スポーツ選手でも食中毒には勝てません… | 日本農業再生 ソーシャルメディアアグリビジネス  -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ |カテゴリ一覧 |

スポーツ選手でも食中毒には勝てません…

MAFF

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポーツ選手でも食中毒には勝てません…

 

 

 

 

N-19-7-9-1711

 

 

 

テニスの4大国際大会ウィンブルドン選手権もいよいよ後半戦。

連日見逃せない試合ばかりで、寝不足の方も多いのでは?

テニスといえば、5月のマドリード・オープンで途中棄権したマリン・チリッチ選手が、Twitterで棄権の理由は食中毒だったと明かしていました。

日頃鍛えているスポーツ選手でも、さすがに食中毒には勝てなかったようです。

食中毒を防ぐためには、細菌を「つけない」、「ふやさない」、「やっつける」ことが大切です。

以下の注意点を参考に、食中毒にならないようご注意を!

1 冷凍や冷蔵の必要な食品を購入したら、クーラーバッグなどに入れて保冷して持ち帰り、なるべく早く冷蔵庫に入れましょう。

2 野菜や果物はもちろん、魚介類も流水でしっかり洗いましょう。ただし、お肉を水で洗うとシンクに菌が飛び散るおそれがあるので要注意。

3 お肉はしっかり火を通してから食べましょう。

4 調理中や食事の前には必ず手を洗いましょう。

食中毒から身を守るには(農林水産省)

 

 

 

 

Leave a Response