鉄の街を支えた味 | 日本農業再生 ソーシャルメディアアグリビジネス  -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ |

鉄の街を支えた味

MAFF

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鉄の街を支えた味

 

 

 

 

 

 

N-18-11-19-1706

 

 

 

やきとりと言うと、鳥肉や長ネギを連想しがちですが、北海道室蘭市では、やきとりと言うと、豚肉とタマネギを使ったものを指すことをご存知でしょうか。

最初は、野鳥や長ネギを使ったやきとりを出していたようですが、次第に鳥肉よりも手に入りやすい豚肉、北海道が産地のタマネギに変化していったようです。

それなのに名前は変わらずやきとりのまま。鳥を使っていないのにやきとりとは、北海道の大らかさを感じます。

 

豚肉とタマネギを串に刺して炭火で焼き、お店ごとの秘伝のたれをつけた「やきとり」を、洋からしをつけて食べるのが室蘭流。室蘭の人たちは、ほかの地域でやきとりを食べると、洋からしがついてこないので残念がるとか。

 

昭和のはじめ、屋台からスタートした「室蘭やきとり」は、鉄の街室蘭を支える人たちに愛され、現在もあちこちのお店で食べられます。
 

お取り寄せもよいですが、ぜひ、北海道で本場の味を試してみたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

Leave a Response