日本農業再生 | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |カテゴリ一覧 |

常日頃から血糖値を上げない努力を

「すばる会員」入会案内 

 

 

原 三郎さんからシェア

 

原三郎さんのプロフィール

 

NPO法人 日本マルベリークラブ

代表理事 President · 2004年6月から現在

桑・カイコ・絹の新しい機能の解明とその利用方法の研究、それらの効果の普及活動

Studies, development and promotion of new functions and utilization of mulberry, silk-worm and cocoon.

 

 

10153987_726357200733883_838206209765045804_n.jpg  血糖値

老化の一つの原因は、血糖値です。

血糖値100以下の健康な人でも、血糖による老化は避けられません。

それは、脳が常にグルコースを必要としているため、それを補うために血液に溶け込んでいるグルコースが老化を引き起こすのです。

食事をするとデンプンや砂糖を食べますから、30分ほどすると血糖値が上ります。

最高値は160ぐらいにもなります。

食事ごとに、血糖値100を超える時間は少なくとも2時間はあります。

3回の食事で合計6時間は糖尿病状態になっていることをお忘れなく。写真の赤い部分が過剰な血糖値です。

この時、赤い部分とピンクの部分を足した分だけ老化は進みます。

では、血糖値を下げるにはどうすればよいのでしょう。

そう、いつも言うようにまず野菜をたっぷり食べること、できれば桑葉粉末や桑茶なども加えると、ピンクの部分のように血糖値は下がります。

下がった分だけ老化を阻止できるという訳です。

血液中のグルコースは、まず血管を老化させ、その他の病気へと導きます。

常日頃から、血糖値を上げない努力を惜しまないで続けましょう。

Leave a Response