日本農業再生 | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |カテゴリ一覧 |

鯖の薬膳としての効能は・・・

 
 
薬膳料理研究家・餅田 雅子さんからシェア
 
 
 
 
996023_573619939353690_1827499470_n.jpg 鯖の薬膳料理

昨日は孫の運動会で和歌山の長女の嫁ぎ先へ^^。


家族中
で紀州の名物「アセ寿司」を自家製の新米で作って待っていてくれました。
 
 
写真は鯖の切り身をすし飯にのせて笹のような葉、アセ(暖竹)で巻いて作った押し寿司です。
 
帰りは新米や無農薬のさつま芋や茄子や葉物野菜のお土産~!今日は母に新米で炊いたご飯のお弁当を持って行きました(^0_0^)/

鯖の薬膳としての効能は、鯖は体を温めて「活血」食材ですから血行促進作用によって気血を補い血の滞りを改善してシミ、そばかす、肌のくすみ、肩凝りや頭痛、痔、冷えなどにも効果的です。

 
肺の働きを補って慢性の咳をしずめて、消化器系を健康に保って食少やむくみ、疲労回復、生活習慣病の予防に効果的な食材です。
 
 
また鯖には記憶力の低下を抑えて目にもよいDHAや、血液中のコレステロールや中性脂肪を低下させるEPAなど栄養が一杯~^^

*フェイスブック「大和薬膳料理教室」のグループページでは、どなたでもご自由にご参加頂けます。

 
只今しばらくの間「公開」にさせていただいてますのでお役立ち記事をお読みいただけます。
 

【薬膳一口メモ】では旬の食材の効能などをUPしています。
 
グループにご参加のみなさんのレシピも魅力的!!どうぞお気軽にご参加くださいね^^  http://www.facebook.com/groups/yamatoyakuzen/

 
 

 

Leave a Response