日本農業再生 | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |カテゴリ一覧 |

小さいスーパーにだって生きる術はある!

 

「すばる会員」入会案内

 

 

 

 

photo01 魂の惣菜1

 

 キーワードは惣菜 ~


NHKテレビ「プロフェッショナル 仕事の流儀」は人気のある番組だ。

昨日は「ふたりの約束 魂の惣菜」が放送された。

食品スーパー経営者の物語。ロケーションは仙台郊外の人口4000人の山間の町。

ところで食品スーパーの決め手は生鮮三品と惣菜強化がポイント。とくに惣菜はいちばん特徴がだせる。

大手スーパーが必ずしも強いとはかぎらない。大手のマニュアルどおりの惣菜づくりでは勝負にならないところもある。むしろ小さいお店のほうが小回りが効くし、地域にあった特徴がだしやすい。

さて佐藤啓二・澄子さん夫婦の惣菜づくりのポイントとは・・・。

佐藤澄子さんはこう答える。
「自分の奥さんでもいいし、お母さんでも誰でもいいから、“こういうものを食べたら喜ぶんじゃないかな?”と思い浮かべること。その気持ちを持っていることがいちばんなの」。

自分にとって大切な人を思い浮かべ、どうすればその人に喜んでもらえるかを考える。例えば夫、妻、子、父母、先生、どんな人でもいいという。食べてもらいたい相手を具体的にイメージして作る。すると、“ただの惣菜"が”あの人に食べさせたい惣菜"に変わり、1皿の隅々にまで、作り手の心が行き渡っていくと考えている。

詳細はこちら

 

Leave a Response