日本農業再生 | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |カテゴリ一覧 |

東京のユニークな八百屋さん

「すばる会員」入会案内


八百屋「瑞花」(スイカ) 店主 矢嶋 文子さん

http://www.hosei.ac.jp/koho/pickup/ob-og/2010/100920.html

 


彼女はきょうTBSラジオ 「久米宏のラジオなんですけど」出演。とてもチャーミングな声でした。

OLから転職。調理師の資格をもつ東京・新宿のユニークな八百屋さん。

野菜好きなご家庭を増やしたい!とくに出産前の女性に期待をかける。

通常は築地市場仕入れですが「全国の生産者からの直接仕入れが増えています」という。自分で産地を訪問して交流をつくってきました。

いまのところ、有機栽培でなければとか自然栽培でなければという拘りではないが、栽培法に何らかの拘りっを持った生産者のものを積極的に仕入れる。「おいしい」をキーワードに旬にこだわった野菜を提供。

八百屋の今後の新しいモデルのような気がして頼もしく思えました。

営業する場所が場所だけに業務用の需要も旺盛なところです。計り知れない可能性があります。

久米さんの指摘にありましたが、以前なら農協の締め付けが強く直接生産者との結びつきはなかなか出来ませんでしたが、いまやすっかり変わりました。八百屋も入っていくなら料理店も産地との結びつきを強化させています。こうして美味しいところはどんどん市場外流通に流ています。

生産者や料理店などはソーシアルメディアも積極的に活用しています。

一方、農協と市場は同じ穴のムジナでリアルの取引だけに終始しています。これでは水面下の流れが掌握できません。気がついたら市場外流通が60%になっていたということだって想定されます。

 

10interview_09.jpg 矢嶋文子さん 揣華

Leave a Response