日本三大 "腸内美人"決定!! | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ |カテゴリ一覧 |

日本三大 “腸内美人”決定!!

 

 

 

 

 

井上林親さんからシェア

‎@@ 「日本三大 “腸内美人”決定」

1:青森県・・・便秘が日本一少ないから青森県と言えばリンゴ! 

リンゴは食物繊維がたっぷりふくまれているので、腸内の清掃も行われ、便秘にもなりにくくしてくれます。
実は青森県の****店では、漬物をよく食べる姿を目にするそうです。
漬物は発酵食品。← (デパ地下なんかで、ちょっと気張って100g 400円位のやつ食べてね!しっかり発酵していますので。。:RIN)

rin 1-1.jpg 腸内美人1-1

 

2:栃木県・・・ヨーグルト消費量が日本一だから


rin 1-2.jpg腸内美人1-2

 

3:大分県・・・大腸がんが日本一少ないから

 

rin 1-3.jpg腸内美人1-3

 

厚生労働省の都道府県別にみた死亡の状況によると、大分県は日本一大腸の悪性新生物が少ないということが分かりました。

大腸といえば、やはり食生活と関わってくるのですが、大分県で特に購入数量が日本一で有名なのが里芋です。

里芋は食物繊維が豊富な上、ムチンやガラクタンと呼ばれる食物繊維が腸内環境を整えてくれると考えられます。

いかがでしたか? 腸内環境は免疫と深く関わっています。

まずは、腸内環境が良さそうな県の食文化を真似してみれば、免疫力がアップして風邪やインフルエンザ知らずになれるかもしれませんよ。

以上、本文からのランダム抜粋

出典元:http://news.mynavi.jp/c_cobs/

news/biranger/2012/10/post-1460.html
写真:http://www.aomori-ringo.or.jp/
intro/delicious/01/delicious01.php
さといもと鶏のなんきんあん:http://www.nhk.or.jp/oita/
recipe/2012_h24/1219.html
写真2:自家製豆乳ヨーグルト http://www.wao.or.jp/maruyo68/
runru/hanasi/yogul/yogul2.htm

■里芋が大腸ガンに有効な理由

里芋のネバネバはムチンやガラクタンと呼ばれる食物繊維
国内の大腸がん研究で、対象者約8万人の6年間の食物繊維摂取量を追跡調査した結果
『食物繊維の摂取量が少なかった方は大腸がんになるリスクが高い
』ということが分かった。

大分県の方が里芋を多く食べていることが大腸がんの死亡率低下につながっている。
また、色々な食材をバランス良く食べていることも関係している。
http://blg.mania-info.com/
?eid=1978 

◇植物性乳酸菌と動物性乳酸菌の違い

乳酸菌にとって野菜などの植物性食品は、動物性食品の乳と比べると過酷な環境であまり居心地はよくありま

せん。

そのためか、植物性乳酸菌はとてもたくましく、動物性乳酸菌が生息できないような条件下でも生きられます。

植物性乳酸菌は、他の微生物と共生したり高濃度の塩分の中でも生きられるのが特徴的。

その特性を活かして麹菌などを用いて作られるのが、{みそ、しょうゆ、日本酒などの醸造食品です。}

乳と動物性乳酸菌を利用して作るヨーグルトやチーズには、製法や同時に用いる乳酸菌などによってさまざまな種類があります

しかし、存在している食品が多岐にわたるため、動物性乳酸菌以上に植物性乳酸菌を使った発酵食品の幅は広く、日本はもちろんのこと世界各国の食文化の中に溶け込んでいます。
http://www.danone.co.jp/
health/bacteria/lactobacillus/vegetables.html
***
目指せ、職場・学校の腸内美人ナンバー1 
腸内美人応援団  団長RIN





 

 

 

 

 

 

Leave a Response