伝達性を表現するのがデザインだ!(2-2) | 日本農業再生 ソーシャルメディアアグリビジネス  -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ |カテゴリ一覧 |

伝達性を表現するのがデザインだ!(2-2)

 

 

さらに詳しい情報はこちら

すばる会員.入会案内doc

 

プランニング ジェックス(「販売促進、広告宣伝したい方のサポート」)の若林 邑雄さんが先に掲載しました新春展望「ソーシアルメディアでの販促活動はいかに展開すればいいのか」の「昔ながらの小売店」のパーソナルブランディングについて2つ補足してくれました。こうしたネット販売のポイントを知らないと、今後のネット社会では独自の販売戦略は展開できないだろう。 

(2-2)




デザインといっても、色々なデザインがあります。


グラフィック、ファッション、Web、インテリア、建築など分野は多岐にわたります。


一番大切なのは、「顧客のニーズ」を掴む、把握する。


この一言です。マーケティングも同じです。


顧客のニーズは、勝手な想像ではありません。具体的な数値なり、イメージがあります。


顧客そのものも、考える必要がある場合があります。


これらを包括して「デザイン」という広義な言い方もあります。


企画、計画する=デザイン。



デザインを進める上で、よくこんな話があります。


お客さん「なんかいいデザインしてね」とか、「目立つ感じで!」などなど


よく聞く話です。


ほとんどと言って、具体的な言葉が出てきません。


それは、相手の頭とか、胸の内、腹の中に隠れています。適切な言葉がないから、

「・・・・な感じ」って表現になるだけなんです。


まず、ご要望をヒアリングさせていただきます。

いろいろなことをお聞きします。売り上げ、利益率、人員などなどです。

なんでって?

そういう要素が加わってこそ、生きたデザインになります。


単にかっこいい、美しいでは、それだけになってしまいます。使われてこそのデザインです。


美術館で美術品を鑑賞して、うっとりするものはデザインではありません。


使われてこそ、伝達機能が生まれます。その伝達性を表現するのがデザインです。


その使い方で、いろいろな要素が加わったり、影響します。


そのためのヒアリングが、重要です。


ターゲットからのヒアリング、発信者側からのヒアリングがります。


ヒアリングは市場を観る、聴くという能動的な行動です。


市場調査、市場アンケートも同様です。言っていることを単に聞くではありません。


Leave a Response