【販売促進:集客へ】相互リンクのすすめ 網をめぐらす | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ |

【販売促進:集客へ】相互リンクのすすめ 網をめぐらす

 

以前、『【ネット販促講座】あなたは一方的ではありませんか?』という記事を書きました。

https://www.facebook.com/note.php?note_id=252608718153435

シェアが生み出す新しい消費という画像もアップしました。

 

そこで、触れていたのが「相互リンク」です。

 

 

ホームページ、ブログを作ってもアクセスが少ない、ビジネスになかなか繋がらないと悩んで、いろいろ費用をかけてSEО対策などされていませんか?

 

それは、不特定多数の方に情報発信する方法です。

 

シェアは、一過性の性格が強いです。

 

言い続ける、シェアまたは、Twitterではリツィートし続けてもらえるのであれば強い味方になります。

 

facebookでもシェアが多くされています。でも時間が過ぎる、明日に変わると新しい情報へ、人は目を向けてしまいます。

 

タイムラインで流されるからですね。

 

 

 

この言葉のように、100回叩くと壊れる壁を、99回であきらめてしまう人が多い。 のです。

 

大企業は、マスメディア(テレビ、ラジオ、新聞、雑誌、ポスター、チラシなど)で、100回叩くから

消費者の硬い壁を壊せるのです。

 

中小企業でそこまでできますか?ということです。

 

なぜシェアより相互リンクか?

 

ブログ、ホームページに、バナー、お気に入り、ブックマークがあります。常に露出されています。

 

その露出されていることが多くなればなるほど、情報の伝達の窓口が増えるわけです。

 

口コミを一過性でなく、露出度の高いものが有効になります。

 

SEО対策して検索キーワードで、ヒットすることも重要です。それは何かないかな?と求めている方です。

 

不特定多数の中から、リピーターからリピーターを増やす。顧客から顧客を増やしたほうがいいですよね?

 

その着実に増やすのが、相互リンクです。シェアはきっかけづくりです。

 

では、その方の交流、お付き合いの中で、ブログ、ホームページにバナー、お気に入り、ブックマークされている方が多いです。

 

大企業とまでは行きませんが、バナー、お気に入り、ブックマークで相互リンクされることは、お互いに理解者を増やすことです。

 

もっと情報発信を広げたい方は、相互リンクしましょう。

 

そのためには、キチンとした情報の発信です。

 

情報の発信を多岐にするために、それがネット(網)です。

 

すばる会員.入会案内doc

Leave a Response