千葉・「春菊」から除草剤のアトラジン残留農薬を検出 | 日本農業再生 ソーシャルメディアアグリビジネス  -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ |

千葉・「春菊」から除草剤のアトラジン残留農薬を検出

 「すばる会員(年会費24,000円)」入会のお問い合わせ、詳細はこちらへ

 

千葉県旭市内の生産者が栽培した「春菊」から除草剤のアトラジン残留農薬が検出された。千葉県では5月下旬、回収を命じたようです。

JAちばみどりではHPでお詫びを掲載しています。

「出荷先」は首都圏の主力市場

東京シティー青果
東京青果
東京千住青果
横浜丸中青果
川崎中央青果

消費者が放射能や残留農薬でビリビリしてるときに、相変わらずトンマな農協がこんなことを続けていたら、野菜の消費減にさらに拍車がかかるだろう。

いまやネット界のトレンドは無農薬、無化学肥料栽培がトレンドになっているご時世だ。農協の役職員の時代認識は程度が低すぎる。

http://www.pref.chiba.lg.jp/eishi/250527.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Leave a Response