砂丘を活かして | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ |

砂丘を活かして

MAFF

 

 

 

 

 

 

 

 

砂丘を活かして

 

 

 

 

 

N-18-7-26-1917

 

 

日本海に沿って長い砂丘が広がる秋田県の三種町(みたねちょう)。

 

日本一高い「砂山(標高62.5メートル)」もあるこの町では、52年前から、砂地でも育つメロンの栽培が始まりました。今では県内有数の産地です。

水はけがよい上に、「熱しやすく、冷めやすい」という砂ならではの特性を利用して栽培される「砂丘メロン」は、果実に余分な水分をため込まないため、糖度が高くおいしく育ちます。特にここでしか栽培されていない品種「サンキュー」は、なめらかでとろけるような果肉とさっぱりした甘みが絶妙です。

そんな三種町で7月28日と29日に行われる「サンドクラフト2018inみたね」は、雪像ならぬ「砂像」を作ったり展示したりするイベント。勝つとメロンがもらえるゲームや、お祭りの参加者全員で「砂丘メロン」を味わう企画もあります。

 

お天気が心配ですが、お近くの方は、よかったら足を運んでみて下さいね。

 

 

 

 

 

Leave a Response