地上の花火 その2 | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ |

地上の花火 その2

MAFF

 

 

 

 

 

 

 

 

地上の花火 その2

 

 

 

 

 

 

N-18-7-12-1801

 

 

 

梅雨から夏の間に見頃を迎える「ネムノキ」の花。

個性的なその姿は、小さな花が10~20個ほど集まってひとつの形となったもので、糸のような部分は雄しべです。

ちなみに、ネムノキの名前の由来は、左右対称に並んだ小さな葉が、夜になるとぴったりと合わさって垂れ下がり、まるで眠っているかのように見えるためとのことですが、花は葉とは逆に夕方になると咲き始めます。

先日ご紹介した「センコウハナビ」のように、花火によく似た姿をしていますが、こちらはセンコウハナビとは違って、屋外で美しい薄紅色の花を咲かせます。

本格的な夏を迎える前に、打ち上げ花火を見ているようですね。

 

 

 

Leave a Response