国内初のゲノム編集食品として筑波大学が開発 | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |カテゴリ一覧 |メルマガ登録 |

 国内初のゲノム編集食品として筑波大学が開発

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 国内初のゲノム編集食品として筑波大学が開発

 

 

 

 

 

A-20-12-9-655

国内初のゲノム編集食品として筑波大学が開発

 

 

 

有機農業ニュースクリップ@OrganicNewsClipさんからRT

 

国内初のゲノム編集食品として筑波大学が開発し、サナティックシードが商業化を目指している高GABAトマトが近く厚労省の専門家による審査を受けて厚労省に届出の見通しと共同通信と読売が報じた。

サナティックシードによる発表はない模様。

詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

Leave a Response