長崎県の郷土料理「ヒカド」とは | 日本農業再生 ソーシャルメディアアグリビジネス  -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ |

長崎県の郷土料理「ヒカド」とは

MAFF

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒカド

 

 

 

 

N-19-1-13-1656

 

 

長崎県に「ヒカド」という郷土料理があります。

サイコロ状に切った塩漬けのぶり、豚肉、だいこん、にんじん、しいたけなどを煮込み、塩、醤油、酒で味つけします。

これに、さつまいもをおろし金ですって加え、とろみをつけたシチューのようなものです。

ルーツは、貿易やキリスト教布教のために長崎にやって来たポルトガル人から教わった南蛮料理のPicado(ピカド)だと言われています。

また、鎖国の影響で手に入らなくなった材料もあり、他の材料で代用したものが長崎独自の郷土料理として定着していったようです。

風邪も流行っています。

温かい料理なので、今夜の一品にいかがでしょうか。

 

 

 

 

Leave a Response