いつか森の一部に | 日本農業再生 ソーシャルメディアアグリビジネス  -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ |

いつか森の一部に

MAFF

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつか森の一部に

 

 

 

 

 

 

N-18-11-16-1746

 

 

 

 

 

秋になると、公園や森林の地面に転がっているドングリ。

 

子供の頃に拾って遊んだ方も多いのではないでしょうか。

自然界の多くの動物にとっては、秋の重要な食料となります。

その中でも、一部の鳥や小動物は、越冬時の食料としてドングリを森のいろいろな場所に貯蔵し、少しずつ食べる習性がありますが、貯えたもの全部が食べられるわけではなく、一部は春まで食べ残されます。

こうして、親の樹から遠くへ運ばれたドングリも、新たな場所で発芽します。

豊作の年であれば、個体によっては1本の樹に1万粒以上結実することもありますが、凶作の年にはほとんど結実することはなく、しかも、最終的に成木になるのはごくわずかに過ぎません。

皆さんもドングリを見つけたら、それが大きな樹に生長するまでの長い長い時間に、ぜひ思いを馳せてみて下さい。

 

 

 

 

Leave a Response