日本農業再生 | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |カテゴリ一覧 |

鳥取の特産物「ながいも」

「すばる会員」入会案内 

 

 

 

 

鳥取 ながいも

 

 

全農とっとりのホームページによりますと、野菜の特産物に「ながいも」があります。

 

ながいもの原産地は中国です。

 

ながいもの仲間には形のいろいろなものがあります。


長さ50cm〜100cmくらいのバット状の「ながいも」。ながいもより少し短い「1年いも」、20cmくらいの「とっくりいも」、平たい手のひらのような形の「いちょういも」、直径15〜20cmくらいの塊状の「やまといも」、球形の「伊勢いも」などがあります。


主産地北栄町での歴史は古く、明治24年頃埼玉県から導入され昭和の初期頃まで自家用として栽培されてきました。


昭和10年より京阪神市場へ出荷を始め、30年代にはスプリンクラー灌漑施設が整備され、本格的な栽培が始まりました。

 

ながいもの植え付けは4月の中旬〜下旬頃。

 

長さ10数cmに切られたながいもを種いもとして植え付けます。

 

5月の中頃、ながいものつるが少し伸び始めた頃に三角形に支柱をたてて行きます。

 

これはながいものつるが整然と伸びるようにするためです。

 

6月下旬には葉を多く繁らせるために摘芯という作業をします。

 

これは芽の先端を摘み取る作業です。夏になると葉が急激に生い茂り、立てた支柱は全く見えなくなります。

 

ただ残念なのはこうした特産物をもっていながら、地元市場が販売戦略で情報発信をしていなところです。

鳥取県には「砂丘ながいも」「ねばりっこ」という品種があります。

 

「ながいも」の栽培

 

saibai.jpg 砂丘ながいも

 

 

ながいもの植え付けは4月の中旬〜下旬頃。


長さ10数cmに切られたながいもを種いもとして植え付けます。


5月の中頃、ながいものつるが少し伸び始めた頃に三角形に支柱をたてて行きます。


これはながいものつるが整然と伸びるようにするためです。


6月下旬には葉を多く繁らせるために摘芯という作業をします。


これは芽の先端を摘み取る作業です。夏になると葉が急激に生い茂り、立てた支柱は全く見えなくなります。


ただ残念なのはこうした特産物をもっていながら、地元市場が販売戦略で情報発信をしていなところです。

Leave a Response