『君が代』を岩に例えているわけ | 日本農業再生 ソーシャルメディアアグリビジネス  -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ |

『君が代』を岩に例えているわけ

 

 

 

 

井上林親さんの写真をシェアしました。


リンさん、きょうは眩暈がします。

わしゃノックアウトだ・・・(笑


@@ 「古社で、天皇弥栄(すめらぎ いやさか)を!」

「古事記通でも分からない!?

古社で、天皇弥栄(すめらぎ いやさか)を!」

・・・・・

迩迩芸命(ににぎのみこと)は日の御子ですから、その子孫は、後々、天皇になります。

そのお側に木花咲耶姫を置いて頂ければ、日御子は花のように栄えますように、と。 

そして、お側に石長姫を置いて頂ければ、日御子のお命は石のように永遠になりますように、と。 

そのように、祝いの言葉をかけて、二人を送り出したのです。

ところが、迩迩芸命(ににぎのみこと)は、木花咲耶姫だけを近くに置き、石長姫を帰してしまった。


それはすなわち、日御子は未来永劫花のように栄えますが、一人一人の御命は花のように儚いものとなるでしょう…と。 

つまり、花の力には守られるけれども、岩の力には守られないようになりますよ…という呪いの言葉を大山祇神(おおやまつみのかみ)は言ったそうです。 

本来は、祝いの意味を込めて二人を送り出したけれども、最後はがっかりして呪いに変わってしまうんですね。 

本来、神様ですから、寿命はないはずなのですが、それ以降、迩迩芸命(ににぎのみこと)の家系には寿命が与えられる事になってしまったのです。 

古事記にも日本書紀にも、寿命で命を失う神様はそれまでなかったのですが、迩迩芸命(ににぎのみこと)には、亡くなる、という記述があるのですね。  

実際、迩迩芸命(ににぎのみこと)を葬った墓まで南九州にはあります。 

神様の墓、ありませんよね。神様は死にませんから。 

だから神が人になる瞬間だったのです。 

"面食い"もほどほどにしておかないといけない・・・ということなんですけども、それ以降、迩迩芸命(ににぎのみこと)の家系すなわち天皇の家系には寿命が与えられた。 

天皇に寿命が与えられた大事件だった訳です。 

ですから、『君が代』は岩に例えているんです。 

*** 

旧皇族・竹田家

明治天皇の玄孫 竹田恒泰先生より 

☆「、、、だそうです。」:RIN

出典元:http://ch.nicovideo.jp/takeda-tsuneyasu/blomaga

 


Leave a Response