日本農業再生 | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |カテゴリ一覧 |

400年以上の伝統を持つ「桑酒」

 

「すばる会員」入会案内 

 

 

原 三郎さんからシェアしました。

滋賀県木之本町に、400年以上も前から受け継がれてきた桑酒がある。

木之本宿は北国街道にあり、北陸と京都を結ぶ要衝の地であった。

この地域はもともと養蚕の盛んなところで、今もチリメンや琴の糸が作られている。

このあたり一面が桑畑であったことは想像に難くない。

山路酒造有限会社が作る400年以上の伝統を持つ桑酒は、近江米の焼酎に桑の葉を付けこみ、みりん製法により作られる。

アルコール度数14度は、やさしく飲みやすい桑の葉リキュールである。その昔は、旅人の旅の疲れをいやす得難い酒だったのであろう。

 

原三郎さんのプロフィール

 

NPO法人 日本マルベリークラブ

代表理事 President · 2004年6月から現在

桑・カイコ・絹の新しい機能の解明とその利用方法の研究、それらの効果の普及活動

            Studies, development and promotion of new functions and utilization of mulberry, silk-worm and cocoon.

 

Leave a Response