日本農業再生 | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |カテゴリ一覧 |

買付品の増加は何を物語るのか?

「すばる会員」入会案内 

 

 

 

買い付けの増加

 

 

 

上の表は青果も水産のように委託品から買付品が増加している説明だ。


買付品は売り先が決まっていればいいことだが、そうでないととても厳しいことになる。


ところで、いまどこの卸も産地を歩きませんね。


まして個人生産者のところに足を運び話相手になると、生産者はとても喜んでくれます。こうして数人の生産者を束ねると出荷してもらえます。


ほんと生産者もセリ人が来ることを待っているのに・・・


個人の生産者を回るより農協に電話して集荷の連絡を開始する。


電話一本でことは進んでいくので確かに楽であるが、買付け商談になる。楽な分、売れないと増仕切り要望も飲まないといけない。経営を圧迫しているのである。


ならば個撰対策をしたほうが遥かに賢明だ。あなたもこうしたスキルを学びませんか?

Leave a Response