日本農業再生 | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |カテゴリ一覧 |

岩手の新品種りんご「紅いわて」とは・・・

「すばる会員」入会案内

 

 

 

9月下旬に成熟する、着色良好な赤色品種「紅いわて(岩手7号)」


●育種目的

岩手県で栽培されているりんご品種は、「ふじ」の割合が約40%と高く、晩生種にかたよった構成となっています。

近年、「千秋」の栽培面積が減少したことから、早生種収穫以降で中生種収穫前の9月下旬成熟期の優良品種が望まれていました。

また、県北部・高標高地帯では「ジョナゴールド」や「ふじ」の熟期が遅れることから、中・晩生の優良品種開発が期待されていました。

そこで、品質ならびに栽培特性に優れた岩手オリジナルりんごの中・晩生の優良品種の育成を目標とし、選抜を行ってきました。

http://www.jeinou.com/technology/2012/09/13/093000.html

 

201209beniiwate_image1jpg.jpg 紅いわて10-16

Leave a Response