① いかにズレのない情報発信をするか | 日本農業再生 ソーシャルメディアアグリビジネス  -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ |

① いかにズレのない情報発信をするか

 

情報を発信しようとするとき、正確な情報って伝わりにくいものです。



それは、何故なんでしょう?


外部に発信か?内部に発信か?


需要に対しての適切な情報か?


需要と供給のズレがないでしょうか?


極端な例です。


発信者は「りんご」を発信しようとしていても、受け取り側(ターゲット)で「トマト」と受け取られたら


どうなるんでしょう。



 赤い、丸いという情報は伝わっても、内容が果物と野菜では大きな違いになってしまっています。



どこで違ってしまったのでしょう?



情報発信する側は、甘くて、真っ赤な丸いりんごという基本情報を整理しなくては、正しい情報は伝わりません。




思い込みの常識、普通という尺度で判断してしまっている場合もあります。


また、受け手側の需要をよく把握していない場合も、おうおうにしてあります。


市場からの需要を適切に把握、分析しないまま、


これだ!って思い込み情報で発信してしまう場合が、失敗につながってしまいます。


一方で、内部情報の共有化、スキルの統一、作製していく上でのマニュアル化も必要でしょう。


そんなことを簡単な模式図に書いてみました。






Leave a Response