日本農業再生 | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |カテゴリ一覧 |

カイコからインフルワクチンを!

  

カイコを使う新しい技術です。


インフルエンザのワクチンは、鶏の有精卵にインフルエンザウイルスを接種して増殖しさせ、増えたウイルスをフォルマリンなどで処理して不活化(感染能力をなくして)して作られます。

 


インフルエンザウイルスを覆う外皮タンパク質の遺伝子をカイコの遺伝子につないでおくと、カイコはウイルスの外皮タンパク質をせっせと作ります。このタンパク質をワクチンとして使います。

 


鶏の有精卵で増やしたウイルスをワクチンに使用する場合、不活化がうまくいっていないとワクチン注射すると人間が感染します。一方、カイコで作った場合は、外皮タンパク質だけですから、感染する恐れは全くありません。

 


カイコを使ってウイルスの一部のタンパク質を作る技術は完成されており、鶏の有精卵を使うよりはるかに効率的にワクチンを作ることができます。

 


これからの新しい技術として期待されており、発展が望まれています。エボラウイルスのワクチンもこんな方法で作ることができればいうことなしなんですがね。

 

 

カイコ使いインフルワクチン 生産量100倍、免疫効果10倍 北大出身の研究者ら開発


 

Leave a Response