どうなる11月はくさいの、販売見通しは? | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ |

どうなる11月はくさいの、販売見通しは?

鍋物需要期に入り、はくさいの価格見通しが気になるところ。大田市場では11月のはくさいの販売見通しをどう捉えているのか?

=昨年の長野産は遅れ分がずれ込みやや増、茨城産は早期作型の減少から総入荷量は一昨年を下回ったが、消費地の気温高で消費振るわず価格 35 円と低迷した。

今年は長野産の切り上がりが早まり、販売堅調の期待も高いが、業務筋の需要が不安定で、11月に入っても市況は保合い、中旬から関東産の増量で下げに入る。

気温低下に伴い量販店の動きが出てくれば、業務筋も動き出す。

入荷量は前年並だが、価格 45 円は暖秋だった前年比高=とみてるようだ。
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

Leave a Response