日本農業再生 | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |カテゴリ一覧 |

こんな市場にどこの生産者が出荷するの?

 

「すばる会員」入会案内 

 

現在、全国には中央卸売市場が72年に設けられています。そのうち青果を扱う中央卸売市場が57都市。 卸売会社の数がは79社あります。

主力卸のホームページを拝見しました。社長の新年の挨拶を読みたかったからです。むろん未だホームページさえ作ってない卸が結構あります。

社長の新年の挨拶をアップしてるところは極めて少ない。

で、読みました。アベノミックスを論じるのは結構なことですが、「わが社のUSP・特徴ウリ」を打ち出しているところはどこもなしでした。

卸が79社あるなかで産地に「選んでもらうポイント」がなけば意味がありません。どこの卸なのかさっぱりわからないのです。

★「他社と違ってこうした産地対策の努力をしていて成果を出しています。だからぜひわが社へ出荷を!」という肝心なことが書かれていません。

こんな卸にどこの生産者が無条件委託の出荷をするのでしょう?

ネット社会ではすでに国境なき社会でビジネスをしています。このままの意識ではほんとに市場はガラパゴス島です。

 

ヘッダーの画像

Leave a Response