「農業は新しい創造の源」~ラジオ深夜便~ | 日本農業再生 ソーシャルメディア アグリ  -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |カテゴリ一覧 |

「農業は新しい創造の源」~ラジオ深夜便~

 

「すばる会員」入会案内 

 

女優・画家 岸ユキ さんが素晴らしかった。

農業をするきっかけは友人の医者に山梨でらっきょのような汗を流さないかと勧められたこと。

無論、農業が生業ではない。

自給自足的に大きな自然からエネルギーを貰うことの大切さから。


農業に取り組んで20年。

・・・・・

いまでは30種以上の野菜を栽培している。

また画家の多くは八百屋で野菜を買ってきてそれを画材に。

ところが岸さんの場合は自分で栽培したかぼちゃを描くのである。
感動の仕方が違う。

鶴の絵を描かれた上村松園さんを取材したとき、上村さんも実際に鶴を飼っておられたそうだ。

こうして東京の自宅と山梨の農園、千葉のアトリエの三角点を行き来している。冬の山梨にはまだ住めないと正直におっしゃる。

*新規就農をめざす若者たちへアドバイス。

農業は個人の力では成立しない。地域社会の協力なくしてはやれない。地域コミュ二ティーに積極的に参加する気構えをもって欲しいとのことだ。

プロフィール

1964年、西野バレエ団に入団。1969年、TBSドラマ『サインはV』でデビュー。その後、「明るい農村」「岸ユキのふるさとホットライン」への出演を機に農業へ関心をもつようになる。同時期、山梨県・韮崎に330坪の農園を持ち、自ら畑を耕すようになる。農業問題、環境問題についても発言するようになり、中央環境審議会水環境部会委員を務める。画家としての才能も開花させ、二科展入選の実績があるほか、ロサンゼルスオリンピック公式記念メダルのデザインを担当。千葉県君津市のアトリエで絵の制作に励む。父親は日本画家の山田皓斉。

 

 

 

Leave a Response