日本農業再生 | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |カテゴリ一覧 |

「老化予防対策」は若いときにしておこう

「すばる会員」入会案内

 

 

原 三郎さんからシェア

1374315_574032839299654_1817408568_n.jpg グルコース 原先生

 

老化の主要因の一つは血糖値。

血液中にグルコースが存在することが老化の原因。

脳が必要とするエネルギー源はグルコース。

そのため血液中には絶えずグルコースが存在しなければならない。

ここに、われわれが老化する原因の一つが存在する。

老化が必然としても、脳に必要なグルコースを供給できる血糖値を確保しつつ、必要以上のグルコースを血液中に供給しないことで、老化の速度を遅らせることができる。

われわれができる血糖値対策は、食後急激に上昇する血糖値を抑えることにある。

ご飯、麺、パンなどのデンプンを含む食事をした時、デンプンの消化を抑えるとか消化速度を遅くすることで、

食後血糖値を抑制できる。

デンプンは唾液に含まれるアミラーゼと小腸に送り込まれる膵液のアミラーゼによって、マルトース(グルコースが2個結合した糖)になる。

マルトースはさらに小腸のα‐グルコシダーゼと言う酵素により2分割されてグルコースになる。

グルコースは吸収されて血液に移行しする。

これが食後血糖値の上昇となって現れる。

桑の葉には、DNJ(1-デオキシノジリマイシン)と言うα-グルコシダーゼを阻害する化合物が含まれている。

食事の時、桑の葉(桑茶、乾燥粉末、錠剤など)を飲んでおくと食後血糖値の上昇は抑制される。

糖尿病およびその予備軍の人には非常に効果的だ。健康な人が使えば、便通が良くなるなどの効果があるが、10年後にはびっくりするような老化抑制作用が認められるだろう。

老化予防対策は、歳を取ってからでは意味がない。

 

原三郎さんのプロフィール

https://www.facebook.com/saburo.hara 


NPO法人 日本マルベリークラブ

代表理事 President · 2004年6月から現在

 

194568d695f31236dca87f48fc62cd92.jpg 原三郎さん


桑・カイコ・絹の新しい機能の解明とその利用方法の研究、それらの効果の普及活動

Studies, development and promotion of new functions and utilization of mulberry, silk-worm and cocoon.


Leave a Response