農業が自由化を迎えだしたころ | 日本農業再生 ソーシャルメディアアグリビジネス  -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ |

農業が自由化を迎えだしたころ

 

 

★「すばる会員」入会ご案内 

 

 

 

へぇ・・・、作家・五木寛之さんが初めて北海道に行かれたのは20代のころで農協の雑誌「家の光」の取材だそうです。


昭和30年代の初期のことかな。


農業が自由化を迎えている現場を取材するため。


「家の光」が日本最大の発行部数を誇っていたころだ。

 

Leave a Response