りんご界のレジェンド | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |カテゴリ一覧 |メルマガ登録 |

りんご界のレジェンド

 

 

A-19-3-26-2322

 

 

 

青森合同青果

 

 

 


青森合同青果株式会社

 

 

 

ソーシアルメディアでアグリビジネス

 

 

 

 

 

りんご界のレジェンド




 

A-21-10-7-530

青森県のりんご産業を支えた二大優良品種というのをご存知ですか?

 

 

 

 

 

 

明治・大正・昭和にかけて青森県のりんご産業を支えた二大優良品種というのをご存知ですか?

ひとつは「ふじ」の親である「国光(こっこう)」、もうひとつがこの「紅玉」です。

いろいろな呼び名があり、りんご農家生まれのうちの母親は今でも「千成(せんなり)」と呼びます。

小玉で深い紅色、酸味が強く味の濃いりんごです。

果肉が固くしまっていて加熱しても煮崩れしないため、アップルパイや焼きリンゴに向いているとされます。

育種親としても優秀で人気品種の「つがる」や「ジョナゴールド」のお父さんになります。

「国光」は「ふじ」に取って代わられましたが、「紅玉」はその強烈な個性で生き残っています。

優秀な子孫を残した上に、いまだに第一線で活躍中。

 


 

 

 

 

 

 

 

Leave a Response