とれたては格別 | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |カテゴリ一覧 |メルマガ登録 |

とれたては格別

 

 

A-19-3-26-2322

 

 

 

青森合同青果

 

 

 


青森合同青果株式会社

 

 

 

ソーシアルメディアでアグリビジネス

 

 

 

 

とれたては格別

 

 

 

 

A-21-5-25-645

春の到来の象徴として古典文学に頻繁に登場します

 

 

 

 

わらびは水煮の加工品が一年中出回りますが、春に出回る採れたてのものの風味と食感は格別です。


古の昔から身近な山菜として親しまれ、日本人の美意識や感性にも深く影響を与えてきました。


春の到来の象徴として古典文学に頻繁に登場します。


「万葉集」の志貴皇子(しきのみこ)の歌は皆さんも一度は目にしたことがあるのではないでしょうか?


石(いわ)走る垂水(たるみ)の上の早蕨(さわらび)の萌え出ずる春になりにけるかも

【岩をほとばしり流れる滝のそばのわらびが、早くも芽を出す春になったのだなー!】


一方で深山幽谷で採取されることから、貴人凋落を暗示するものとしても扱われます。


「平家物語」灌頂巻の「大原御幸」で、出家した建礼門院の零落した暮らしぶりを記す一節に登場します。


また「源氏物語」の宇治十帖「早蕨」の巻では、人の世の儚さ=もののあはれを詠んだ歌に歌われています。

 

 

 

 

 

 

Leave a Response