とちおとめの後継品種 | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |カテゴリ一覧 |メルマガ登録 |

とちおとめの後継品種

 

 

A-19-3-26-2322

 

 

 

青森合同青果

 

 

 


青森合同青果株式会社

 

 

 

ソーシアルメディアでアグリビジネス

 

 

 

とちおとめの後継品種

 

 

 

 

 

A-21-2-2-530

栃木県オリジナル品種の「とちあいか」

 

 

 

栃木県オリジナル品種の「とちあいか」は、交配に7年を費やし2018年に品種登録された栃木i37号の愛称。

昨年7月に商標登録されています。

香りの良さが最大の特徴で、強い個性になっています。

果肉は固めで歯切れがよく、酸味が弱いぶんだけ甘みを感じます。

まだ出荷市場が限られており入手しづらいですが、とちおとめの後継品種として生産拡大されていく予定です。


 

 

 

 

Leave a Response