寒くなるとおいしくなります | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |カテゴリ一覧 |メルマガ登録 |

寒くなるとおいしくなります

 

 

A-19-3-26-2322

 

 

 

青森合同青果

 

 

 


青森合同青果株式会社

 

 

 

ソーシアルメディアでアグリビジネス

 

 

 

寒くなるとおいしくなります

 

 

 

A-20-12-22-620

「ふかうら雪人参」が始まりました

 

 

雪が積もった圃場から掘り出す「ふかうら雪人参」が始まりました。

秋に収穫適期を迎えた人参をそのまま越冬させ、厳寒期に雪の下から収穫する越冬にんじんです。

植物は氷点下になると組織内の水分の凍結による細胞壁の損壊を防ぐため、でんぷん質を糖化して凝固点を下げようとします。

その結果、糖度が増し食味がよくなります。

これを低温順化といいます。

平均的な人参の糖度は6度前後ですが、「ふかうら雪人参」の糖度は8~10度。

以前、産地で計測した時は12度を超えたこともありました。

雪の下で収穫を待ちながらじわじわと甘くなるのです。

期間限定品、雪が積もる今しか食べられない「ふかうら雪人参」、驚きの甘さをぜひお確かめください。

 

 

 

 

 

 

Leave a Response