ニッチを制していくためには・・・ | 日本農業再生 ソーシャルメディア アグリ  -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |カテゴリ一覧 |

ニッチを制していくためには・・・

 日本農業再生

 

 

 

たとえば大田市場の仲卸・丸二は、創業者の古澤秀男さんが神田時代から「無袋りんご」の信奉者であった。

りんごと言えば丸二で無袋りんごの古澤でならした。

りんご試験場や産地の講演会に飛び回った実績がある。

いまでは同社ば野菜も扱い全国トップクラスの総合力の仲卸となったが、りんごが大看板であることに変わりはない。

このように看板品目をつくったところは強い。

たとえばトマトなら、全国仲卸のどこにも負けないというふうに・・・。

それがニッチを制していくということである。

 

 

 

 

 

 

Leave a Response