5万店のコンビニはどこへ行く? | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ |

5万店のコンビニはどこへ行く?

 

 

 

国内主要コンビニ14グループの11月末時点での国内店舗数が前月末比271店増の5万108店と5万店の大台に乗ったことが、10日明らかになった。

 

出店攻勢を強めるセブン―イレブンやローソン、ファミリーマートなど大手を中心にコンビニの店舗網は急速に拡大。

 

業界内で国内市場の飽和状態の目安と言われてきた5万店に到達した。

 

11月末の店舗数はセブン―イレブンが1万4783店、ローソンが1万1067店、ファミマが9201店など。

 

コンビニは周辺消費人口が2500人を目安にするから、5万店で飽和状態というわけだ。

 

そこでコンビニ各社は客層を広げる必要がある。個食化の進む高齢者の確保、さらには店舗に来てもらえない客層への宅配を進めている。

 

すばる会員.入会案内doc

Leave a Response