日本農業再生 | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |カテゴリ一覧 |

野菜のブランディングの仕方

 

 

30年前、福岡で消費されていた何の変哲もない「青ねぎ」がありました。

それを東京でも販売したいということで動いたせり人がいました。

それは神田市場の東京青果の杉山勇という野菜部長でした。

地元の市場では当たり前で、全国区のねぎにしたいという発想さえありませんでした。

杉山さんは一束100円の小売価格で販売したいと取り組みました。

東京青果の同僚は関東の白ネギ全盛のなかで、そんなねぎが「売れるわけがない!}と冷ややかでした。

そんなねぎがやがて30億円の商材に育ち、産地は日本農業賞、天皇杯賞受賞に輝いたのです。

以来、農産物のマーケティングで「博多万能ねぎ」を凌ぐ商材は出現していません。

農産物をブランディングしたのなら、東京青果のような力のある市場に協力願わねばできません。

そうしたノウハウは教えます。

「博多万能ねぎはこうして生まれた」に書きました。l

関心のある方はどうぞご覧ください。

 

p1010454.JPG 博多万能ねぎ 杉山さん


Leave a Response