輸入農産物はもうタイ抜きに語れない | 日本農業再生 ソーシャルメディアアグリビジネス  -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ |

輸入農産物はもうタイ抜きに語れない

 

 

すばる会員入会案内 

 


輸入農産物はもうタイ抜きに語れません。


青果物の流通は、もう国境なき社会で考えていなければなりません。しかもLCCで運ぶと東京⇔九州の半値以下の料金です。


また米のように700%もの関税をかけて保護などしていません。


完全、自由化のなかで流通してます。規制があるのは植物防疫上の問題だけです。つまり虫の検査です。


それでも日本農業のなかで産出額が米、畜産よりも大きくて体質が強いとはどういうことですか?


この写真のように輸入業者のワタリは、世界中の青果物を取扱い、北海道から沖縄までの量販店対応をしております。とくにマツタケではナンバーワンの取扱です。

 

Leave a Response